しつこいお尻のにきびができるのはなぜ?効果的なヒップケアとは?

ヒップケアについて

 

しつこくてなかなか治らない!と悩んでいる方が多い
ボディのトラブルは、お尻ニキビです。

 

ニキビは、顔にだけできるというわけではなく、
背中やお尻など体の他のパーツにもできてしまうんです。

 

お尻にできてしまうと、見た目が良くないだけではなく、
痛みも伴うので座るのが苦痛になるという方もおられます。

 

一度お尻ににきびができてしまうと、繰り返して
なかなか治りにくいことが多いようです。

 

では、お尻ににきびができてしまう原因とは、何でしょうか?
にきびで悩んでいる時に取り入れたいヒップケアには、
どのようなものがあるでしょうか?

 

お尻にきびの原因とヒップケア

 

ヒップケアについて

 

原因

 

毛穴の詰まり

 

お尻だけではなく、体ににきびができる主な原因は、皮脂が
分泌されることにより毛穴が詰まってしまい、
そこにアクネ菌と言われる菌が繁殖することです。

 

それで、赤く炎症を起こしたり、
膿を持つにきびができるというわけです。

 

お尻の皮膚は一見柔らかそうに見えますが、実は角質層が分厚く、
硬くなりやすかったり、常に負担がかかっている皮膚なので、
とてもデリケートなんです。

 

例えば、長時間座っていることが多かったり、
常に下着と密着しているため、皮膚には負担がかかります。

 

そのような刺激を受けると、肌はその刺激から肌を守るために、
ターンオーバーを早めます。

 

ターンオーバーが早まることにより、角質層が分厚くなり、
毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

 

それで、アクネ菌が繁殖しやすい環境になります。

 

また、通気性が良くないのでムレやすく、
菌の繁殖を促してしまうということも一つの原因です。

 

デスクワークなど、座っている時間が長ければ長いほど、
お尻にきびに悩まされることが多いようです。

 

ヒップケア

 

皮膚を清潔に保つ

 

基本的に行えるヒップケアとして、皮膚を清潔に保ち、
刺激をできるだけ抑えるということが大切です。

 

顔などと異なり、おしりはゴシゴシ洗ってしまうという方も
多いようですが、泡を使ってこすらず
優しく汚れを落としましょう。

 

ヒップケア専用のピーリング剤入りの石鹸なども、
体質によっては刺激となることがありますので、
しっかりと肌の調子に合わせながら、使用すると良いでしょう。

 

皮膚がムレたり、清潔に保てていないと、角質が分厚くなり、
菌が繁殖しやすくなります。

 

汗をかきやすい時期にはこまめにシャワーを浴びたり、
下着を交換するということが行えるヒップケアです。

 

 

ヒップケアクリーム ランキング