ヒップケアをしたいなら、どんなショーツを選べば良い?

ヒップケアについて

 

ヒップケアの基本となるのは、
ヒップに最も接する時間が長いショーツの選び方です。

 

形を整えながら、肌の刺激にならないショーツを選ぶには、
どうすれば良いのでしょうか?

 

今回この記事では、ヒップケアにおすすめの
ショーツ選びについて、調べてまとめてみました。

 

ヒップケアを始めたいけれど、
どんなショーツが良いのか分からない!という方は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

ヒップケアとショーツ選び

 

ヒップケアについて

 

補正ショーツってどうなの?

 

ヒップケアのためにショート選びを始めると、補正ショーツが、
意外と多く販売されていることにお気づきになるでしょう。

 

補正ショーツの中にも色々な種類がありますが、
できれば素材は柔らかいものを選びましょう。

 

締め付けるタイプの補正ショーツではなく、立体的に
お尻を包み込むようなデザインの補正ショーツがおすすめです。

 

締め付けてしまうと、余計とヒップの形が
潰れたようになってしまったり、肌にも摩擦が増えてしまうので、
おすすめできません。

 

また、ガードルを日常的に履いている方も多いようです。

 

締め付けがきついので、ヒップの形を
綺麗に見せることができます。

 

しかし、毎日使用してしまうと、肌れの刺激が増え、
ザラつき黒ずみの原因となってしまうので、
あまり効果的ではありません。

 

効果的なヒップケアをしたいなら、一時的にヒップを上げたい
大切なシーンではガードルを使用し、普段は
自分のヒップの形に合わせた柔らかい素材のショーツを
使用するのがおすすめです。

 

素材とサイズがポイント

 

ショーツを選ぶ時には、自分のおしりの形を
よく知っておくことが大切です。

 

さらに、パンツを履くのか、スカートを履くのかという
上から着る洋服にも合わせたショーツ選びが、
ポイントとなります。

 

自分のヒップにあったショーツを見つけるのは、
ヒップケアの基本中の基本です。

 

下着のショップなどに行った時には、曖昧なサイズを
購入するのではなく、一度店員さんに測ってもらってから
サイズの合ったショーツを選ぶようにしましょう。

 

さらに、お尻を小さく見せたいためにショーツを
ワンサイズ下げることも多いと言われていますが、
これはヒップケアには、あまり良くないんです。

 

小さい下着を無理してはくと、形が悪くなり、
黒ずみの原因にも
なります。

 

大きすぎず小さすぎず、自分のサイズに
ピッタリのショーツを選びましょう。

 

さらに、素材は天然繊維を使用しているものがおすすめです。

 

特に、シルクは通気性も良く、ヒップケアには
もってこいのショーツと言えます。

 

 

ヒップケアクリーム ランキング